適応障害についてもっと知ろう!!

PICUP

社会に適応していく方法

頭を抱える

精神療法や精神的な疾患に効果をもたらす薬の研究は充実してきています。もし適応障害などの精神的疾患を抱えて社会に適応できないと悩んでいるなら、メンタルヘルスクリニックを活用するべきです。

More...

混同しない

医師と悩む

うつ気分とうつ病は明確な違いがあります。適応障害もこれと同じで、原因となる問題が解決しているにも関わらず、その人の中では不安が続くという病になのです。きちんとサポートをするためにも見極めて話をきくことが大事です。

More...

苦しみを引き起こす原因

迷路

適応障害にもしかかってしまったとしても、しっかりと対策すれば半年以内には症状が改善されるといわれています。医療機関では詳しい検査をして正確な診断名を導き出すことができますし、インターネットを調べれば簡単なチェック項目なども公開されているので気軽にチェックできます。メンタルヘルスクリニックは以前よりも近寄りがたい雰囲気が改善されていますし、数も多くなってきています。こういった状況の改善は時代が変化したものでもあり、医療で精神分野の治療が発達したことも要因となっています。神経学から発達していった精神医学は、今や臨床心理などいろんな分野で利用されるようになっています。

しかし、適応障害は遷延化する障害でもあります。精神的な疾患の要因としてストレスやショックな出来事が原因となっている場合がありますが、これは簡単に取り除けるものではないからです。例えば職場でのストレスが原因になっている場合では、休職をすることが治療の一環としてもとられます。しかし、適応障害を患っていると、原因が取り除けたとしてもまた発症するのではないかという不安や恐怖感に襲われることがあります。成果主義や組織構造はすぐには変わらないので、適応障害の症状が長期化してしまうのです。

それに対策するためには自分自身の身体を変える必要があります。ストレス耐性に弱いのであれば状況を変えることも大事ですが、それに精神的に強くなっていくことも同時に重要なことなのです。精神的な弱点を変えていくのも難しいことではありますが、認知行動療法や薬、その他の治療を使って少しずつ変えていくことは可能です。そのためには周囲のサポートが必要不可欠になってきます。適応障害の治療の根幹となるのは精神療法となり、長期化する予想があるその治療を支えるためには本人の努力だけでは足りないのです。
適切に治療するためには症状について知ることも大事です。気分的な問題と行動と混同されやすいものでもあるので、適応障害は放置されやすいという問題もあります。放置されると問題行動が深刻化する場合もあるので、生活習慣病などと同様精神疾患に関しても社会的認知が必要です。

NEWS

POPULARITY

身体と行動に出る症状

カウンセリング

単なる気分的な問題と疾患は症状が似ていることはありますが全く異なることを覚えておきましょう。適応障害になるとうつ症状や不安症状、問題行動や身体症状が出てきますので、代表的なものを覚えておくと良いです。

More...

CONTENT

相談

検査して確定する

適応障害の治療として中心となるのがストレスを除去するためのカウンセリングです。そもそも自分がどんな精神疾患を負っているのかを調べる方法も医療機関では受けることができるので、しっかり調べられます。

抱擁

周囲のサポートを整える

認知行動療法などの精神療法が適応障害の治療方法として有効だといわれています。ストレス耐性を下げるためにもこれは必要な取り組みですが、時間もかかるのでしっかりと周囲がサポートするべきです。

TOP