社会に適応していく方法

頭を抱える

適応障害という病気を抱えている人はうまく対策をして社会適応する方法を探る必要があります。明確な身体症状や欠陥が起きないので放置するという選択肢は持たない方が良いです。この適応障害といった症状を抱えていて放置していても、自然に治るということはありません。ストレスとなる原因が取り除かれれば治っていくこともありますが、一度心にストレスを受けて障害が起こってしまった状態では、どんなに状況が過以前しても上手くいかないことが多いのです。身体的な障害とは違って精神的な疾患は自分でも治せると思われがちですが、手術と同じように専門的な知識をもった医師の力が精神面を向上させるときも必要になってくるのです。生活リズムがずれていると体調を崩しやすいですが、精神面にもバランスの崩れがみられることもあります。そういった心身両面の対策をするためにも、専門家の力が必要なのです。

適応障害は社会的な適応を阻む疾患です。人間は生活資金を稼ぐため、社会に貢献するために働き、またはそういった一人の社会構成員となるために教育を受けます。しかし、精神的に社会に馴染めないと感じてしまうこともあります。そうなってもいろんな形で社会と関わることはできるのですが、割り切れずに人とのつながり全体が億劫に感じてしまうこともあるのです。その場合、単なる怠け癖や反社会的な行動や思想と判断される場合もありますが、脳の反応によって反社会的行動が引き起こされていることもあります。これが適応障害の一種の症状なのです。

心療内科や精神科ではこういった適応障害のような病気を治療するノウハウを有しています。19世紀に入ってから特に精神的疾患の研究は盛んになってきているので、ヒステリーやオカルトと断じられてきた症状でさえも、精神療法や薬物療法で治療できるようになってきたのです。その結果脳の研究も進み、心療内科ではストレスが影響する身体的な症状を治療したり、統合失調症などを精神療法や服薬で治療することで対策したりできるようになりました。

TOP