検査して確定する

相談

適応障害が高じてしまうと、アルコール依存症になってしまう場合もあります。問題行動を起こし反社会的な行動に出てしまう精神疾患である反社会性人格障害に移行する場合もあるのです。そうなると社会的な影響も強くなってしまい、他に傷つく人が出てくるかもしれません。そうなる前にしっかりと治療や対策を立てる必要があるのです。適応障害などの精神疾患のことについて相談できる窓口は病院やNPO団体などいろんな場所があるので、自分が気軽に相談出来る場所を選ぶことが大切です。自分が本当に適応障害なのか、それともうつ病なのかといった症状の見分けがはっきりしない場合、検査だけでもメンタルヘルスクリニックで受けることができるので利用してください。検査としては脳の血流を調べる方法があります。精神的な疾患は脳の血流量がそれぞれ違っていることが多いので、これを調べる方法が医療機関では利用できるので便利です。

適応障害はなるべくストレスの原因を取り除いていくことが治療の根幹となります。ストレスは日常生活でも起こっている場合がありますが、これを医学的にサポートしていくのです。何かこまったことがあってもそれに対処する手がないのが精神疾患の要因です。医学面が一つの方法となるので、これを参照に徐々にストレスを除去していくのが良いのです。精神療法が主になるので服薬はサポート的に使われることになります。ベンゾジアゼピン系の薬を使ったり、うつ症状が強い場合は抗うつ薬を使うことになります。薬は副作用がありますが、クリニックによっては副作用が出ない磁気刺激治療を使っている場所もあります。

カウンセリングが適応障害治療の根幹になってきます。そこではストレスを除去するための取り組みをしていきますが、そのためにはまず人の話に共感する、心の興奮を落ち着けることが大事です。その上で適応障害の原因となっている出来事について自分がどう考えているのかを話していくという方法をとることになります。

TOP